【コピ・ルクア】猫のうんちコーヒー?意外なその風味とは!

大人で好きな人も多いであろう「コーヒー

そして、

子供なら大好きであろう「うんち

加えて、

みんな大好きであろう「

みんなの好きなのところをいい所どりした夢のようなコーヒーがあるのをご存じだろうか?

その名も、コピ・ルアク(Kopi Luwak)

早速、噂の猫うんちコーヒーをレビューするよ!

スポンサードリンク

コピ・ルアク(Kopi Luwak)って?

ジャコウネコ

写真は、マレージャコウネコ。可愛いですね。

マレージャコウネコは現地のインドネシアの呼び名で「ルアク(Luwak」と呼ばれています。

コピ(Kopi 」は同じくインドネシア語でコーヒーを意味します。

つまりは、コピル・アクとは猫のコーヒーになります。正確にはうんちですが…。

詳しく説明すると、

マレージャコウネコはコーヒー豆を食べます。

その時、コーヒー豆は栄養になるので吸収されるのですが、うんちと一緒に出てきます。

そのお豆をちゃんと処理して、コーヒーにしたのがコピ・ルアクになります。

そんな作り方なため、流通している数が少なく、高価なコーヒーとして有名です。

 

今回飲むのはコチラ!

luwak coffee

映っている、ジャコウネコが愛くるしいですね!

luwak coffee

ちなみにジャコウネコは、程よく熟している美味しいコーヒーの実のみだけを選りすぐって食べます。

だから本当に美味しいコーヒーの実の種だけがうんちになるわけです!

これもまた美味しさの秘訣?

luwak coffee

肝心のコーヒーはかなり粗目に削られてます。色も明るめで、焙煎が軽そうな感じ。

香りは果物のような甘さを感じます。

スポンサードリンク

飲み方も珍しい

luwak coffee

裏面の作り方に沿って作っていきます。

  1. ティースプーン一杯のコーヒを入れます。
    luwak coffee
    見てのわかるぐらい粗目に挽かれてます。
  2. 沸騰したお湯を160ml注ぐ
    luwak coffee
    想像していた通りかなりコーヒーが浮いてきます!

    すぐにかき混ぜます。
    luwak coffee
    しっかり混ぜてもかなり浮いてます。

    残りは待ってる間に沈んでくれるらしいです。

  3. かき混ぜて3分待つ
    luwak coffee
    細かいコーヒは浮ていますが、ほとんど完成!

    コーヒーは、ほとんどが下に沈んでます。

    コーヒーにしては透明度が高く、コップの底まで透けてます!

 

意外なその味の正体とは!?

一口ゴクリ…。

思っていた通り、かなりアッサリしてて飲みやすい。それでいて意外にもジューシーな風味があります。

香りは癖がなく鼻を通るとスッと消えてしまう。

まるで紅茶をのんでいるかのような鮮やかさも持ち合わせている。

それでいて後味にはコーヒの甘みが口の中に残る。

量が減ってくると、下のほうにコーヒーが沈殿しているためちょっと味が変わってくる!

下のほうは、スモーキーでくすんだ風味になっており先ほどよりコクを感じる

普段コーヒーが苦手で紅茶をよく飲む人にはかなり好みの味だろう。ちなみに僕がそうだ!

コーヒー好きのあなたも、機会があればぜひ飲んでほしい。

いつも飲んでいるコーヒーとはまた違った世界の扉を開いてくれることは間違いないだろう。

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です