100%後悔しない!綺麗にとれる顎マウント【Hero5 Black】

ゴープロ GoPro 顎マウント バイク ヘルメット ライダー目線

ツーリングでの素敵な思い出は
何度も見たくなっちゃいますよね!

僕もGoProを愛用しているのですが、
特にオススメな使い方が

「顎マウント」

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
ヘルメットの顎にゴープロを
固定する方法です。

顎マウントの最大のメリットは
ライダー目線の景色がとれる!
GoPro ゴープロ ライダー 目線 綺麗 顎 マウント

これに尽きますね。

自分の見たままの景色を撮ることができる
これが顎マウントの魅力です。

早速、
僕なりの顎マウントの作り方を
紹介しちゃいます!

こんな感じ!

GoPro 顎 マウント ヘルメット

 

まずは完成形から。
ちなみに僕のメットは
モーターヘッドのフルフェイス。

スポンサーリンク



 

手順

  1. まず、GoProを買った際に付属したマウントを用意する
    球面のものがあるのでこちらを使います。
    ※画像と同じ四角いマウントです。
  2. ジョイントを用意する
    僕が使用したのは以下の二つ。

    これらをくっつけて、
    顎まで伸ばしていきます

    GoPro用ネジ

    あると便利なのがネジ。
    ホームセンターで5x20mmを購入
    純正のアクセサリーのネジは
    大きすぎてゴープロを固定するのに
    邪魔でした…。

  3. 組み立てる


    35mmと50mmの延長アダプタを繋げる。
    ここに使用するのはネジがお勧め。

    次に、

    アクセサリーセットに入っている
    向きを変えるジョイントを
    先ほど繋げた延長アダプタの先端に固定する。
    ここもネジがお勧め

    最後に、
    ゴープロを固定する。
    取り外しやすいように、
    ゴープロのアクセサリーのネジ

    下の写真みたいになっていれば
    大丈夫です。
    GoPro 顎 マウント ヘルメット

  4. マウントに固定する。
    完成したジョイント達を
    ゴープロをつけた状態でマウントに固定する。

    ゴープロが顎の正面になるように、
    マウントが貼れそうな場所を探す。

    ※もしジョイントが長すぎた場合は
     延長アダプタを外して長さを調整しよう
    GoPro 顎 マウント ヘルメット

  5. マウントを固定する。
    ※粘着力を上げるためドライアーで温めるのがオススメ

    僕のメットは
    凹凸のせいで真横に向けて平行に貼ろうとすると
    場所が遠くなるため、顎の先に向けて斜めに貼ってあるよ。

  6. ゴープロの角度は気持ち上向きに
    ヘルメットは被ってしまうと
    顎の部分が下向きに…。

    そこで、

    少し上向きにしてあげることで、
    被った際に平行になり
    より自然な映像になります!

実際に撮影してみて

下道はもちろん、高速での撮影もしましたが
かなり安定して綺麗な映像に。

実際に撮影したモノがこちら。
しっかりとライダー目線になってますよね!

GoPro ゴープロ ライダー 目線 綺麗 顎 マウント

いやぁ。思ってた以上の完成度。

これならYouTubeにあげても
恥ずかしくない!ってぐらいのクオリティ。

来週には四国と九州にツーリング予定。
楽しい思い出が撮ればいいなぁ…!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です