メンテナンスしないとバイクはこうなった!あなたは大丈夫?【ninja400】

バイク メンテナンス ninja400 

先日、
首都高を走っていると…。
「チャリン」という音が聞こえてきた

最初は、
あれ…?気のせいかな…?と思っていたが
どうやら本当に音がしているようだ

早速、
バイクをメンテナンスへ

結果から言うと

  • チェーンの弛みと、乾燥
  • フロントブレーキのディスクの歪み
  • タイヤの劣化
スポンサーリンク

 

チェーンの弛みは、油不足と運転が原因

チェーンの整備は半年に一回、定期メンテナンスのみ。チェーンは乾燥しきって、走るとカラカラと大きな音を立てて進む。

加えて、チェーンの固着が進み、どんなに直そうとしても戻らなくなっていた。

運転の仕方も問題で、
僕は減速をブレーキではなくエンブレを使います。
激しいエンブレはチェーンに大きな負荷をかけ、それにより伸びる。

この二つが組み合わさり、チェーンが弛んでる部分とそうでない部分がに大きな差ができてしまった。これにより、力が均一に伝わらなくなりる。そのため、走っているだけで、「ガクンガクン」と前後に引っ張られる様な動きをするようになってしまいした。

ちなみに、冒頭の首都高を走っている時に鳴った
「チャリン」という音はこれが原因。エンブレをかけた瞬間にチェーンが引っ張られ、弛みができる。その時の弛みが、どこかに当たって音を鳴らしていたみたいです。

スポンサーリンク



ブレーキディスクの歪みは立ちゴケが原因

フロントのブレーキディスクが規定値の2倍の歪み。

立ちゴケをした際に、フロントフォークがブレーキディスクに押しつけられ、歪んでしまったのが原因らしい。

「ゆっくりブレーキするとき前後に揺れるでしょ?」と言われ、確かになってるなぁっと。

久しぶりに乗ったので、そういうものかと勘違いしてた。

ディスクが歪んでいるためにブレーキのかみ合わせが悪くなり、ブレーキすると前後に揺れる。

走っても揺れるし、止まろうとしても揺れる。
常に揺れてるやんけ!

タイヤの劣化は走行距離と年月

タイヤもかなり劣化してました。
購入から3年、走行距離は1万5千キロ。

タイヤはバイクにとって、ダイレクトに影響する部分であるだけに、一番最初に交換することを勧められました

タイヤ交換の詳細はこちら!

【ninja400】タイヤ交換!初期タイヤからピレリ ANGEL STへ

2017.06.20

 

まぁ全部は一気に直せないし(お金がね…)、
大切にのりながら少しずつ直していくか…。

七月車検なんですけどね!

バイクのメンテナンスを怠るとこうなるんですね~。
あとはやっぱり乗り方の問題。

案外平気そうな顔して走ってるバイクも
ちゃんと整備してみたらボロボロ!

こんなことになる前に、
大切なバイクを定期的に整備してあげてください!

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です