たまにはバイクを降りてチャリなんていかが?鬼が島【女木島】

絶景 女木島 展望台 眺め

今日は四国、九州ツーリング5日目。

たまにはバイクを降りて散策していくよ~。

本日は、香川の「高松」からフェリーに乗って2つの島へ。
「鬼が島で有名な女木島」
「ネコ島で有名な男木島」

スポンサードリンク

フェリーは丸亀から香川の「高松駅」の前から。

早速、フェリーに乗って出発。

女木島 フェリー 四国 香川 高松

女木島まではフェリーで20分ほど。あっという間。絶景 女木島 展望台 眺め

フェリーからの女木島。島全体が小さくて、ほとんど山ですね。人が全然住んでないのがわかります。

到着した僕たちは、自転車をレンタルして島の散策へ!

自転車なんて久しぶりに乗るなぁ~。

今回借りるのは電動自転車!というのも、山ばっかりなので電動じゃないとかなりきついらしいです。

自転車に乗ってみるとハンドルが軽すぎる!プルプル震えて生まれての小鹿状態。

いやぁ、久しぶりに乗る自転車ってへたくそになりますね…。バイクに乗り慣れてると尚更。

しかも、曲がろうとするときは無意識にミラーを見ようとする始末。

目的地は、島の頂上の展望台と、その近くの鍾乳洞

山を自転車で登るってえげつないですね。
電動じゃなかったら心折れてました…。

途中で休憩!

絶景 女木島 展望台 眺め

何もない山道を自転車でゆっくり走るのはきもちいいですね。車も人もいなくって、日常から離れてゆっくりした時間を楽しめます。

スポンサーリンク

自転車で行けるところまで行き、駐車場に自転車をとめると、そこからは階段になります。

絶景 女木島 展望台 眺め 階段 鍾乳洞

この階段を上ると、休憩所がありその目の前に鍾乳洞があります。

絶景 女木島 展望台 眺め

その休憩所からの景色が、またいいんですよ!清々しさのあまり、Tシャツを脱ぎましたから。

鍾乳洞は有料ですが、案内のおじちゃんがついてくれます。このおじちゃんがまた陽気な人で、とても面白くお話をしてくれます!また会いたいなぁ…。

一通り、鍾乳洞の中を案内してもらい、こんどは展望台をめざします。

その途中で、このあとに行く「男木島」が見えました。

絶景 女木島 展望台 眺め 男木島

さらに登ると瀬戸内海が見えてきます。

絶景 女木島 展望台 眺め

とっても気持ちよくって、いつまでも眺められます。

頂上までのぼり、頂上に到着。

絶景 女木島 展望台 眺め 

ここまでずっと上り坂と階段でつらかったのを忘れちゃいます。

ゆっくりしていたいけど、「男木島」へのフェリーが来ちゃいます。

急いで、山を下っていきます。

その途中で、友人がチャリで転倒。道にはコケがあるとこがあって、カーブで滑ってしまった様子。それでもかすり傷だけだったので良かったですけどね…。

チャリで良かったぁ…。バイクだったらえらいことになりますからね…。

結局、フェリーには間に合わなかったので、次の便まで待つことに。

それまでは、近くの砂浜とかで遊んでました。

女木島 砂浜

遊び疲れて、休憩もかねてフェリー乗り場で待ちます。

女木島 フェリー 港

フェリーが来たので次の「ネコ島で有名な男木島」へ。

しかし「女木島」で思った以上に楽しみすぎて、この時が夕方の四時過ぎ。

「男木島」からの、高松に戻るためのフェリーが5時発。今僕たちが乗っているフェリーは四時四十分に着きます。

そうなんです。滞在時間が20分しかないのです!

ネコ島での詳細がコチラ!

【ネコ好き必見!】猫島で有名な男木島へ!驚異の20分で12匹!

2017.07.05

男木島はこんな感じ。

「男木島」「女木島」から戻った僕たちは、高松の「スタミナ太郎」で夕飯を。

今回の四国、九州ツーリングは男5人、バイク4台でした。しかし、明日2人は東京に戻るため、男3人バイク2台になります。

そのため、この夕飯でお互い解散します。明日帰る組は、ご飯のあとは徳島へ。

僕たちは、愛媛の「松山」まで一気に移動します。その距離なんと150km。すごく遠いわけではないですけど、遊びつかれてる上に、下道での移動だったのでしんどい…。

着いたのは、日付が変わって夜中の1時。

「松山」は意外と都会で、バイクのパーキングを見つけるのに苦労しました…。

次の日のツーリング記事はコチラ!

【松山市内観光】愛媛はみかんだけじゃない!道後温泉、松山城、ハイカラ通り!

2017.07.06

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です