【逃げ恥で有名に】角島大橋付近のお食事処といえば、やっぱ「瓦そば」でしょ!

元祖瓦そば たかせ 川棚本館 外の池 鯉

僕が、角島大橋を見に行った際にランチで食べたのが瓦そば!

実はこの瓦そば、逃げ恥の主人公、平匡の子供時代の思い出の食べ物として登場しているんです!

山口名物でもあり、せっかく訪れたなら外せない郷土料理。

スポンサードリンク

ちなみに瓦そばと聞くと、どんなものを想像しますか?

元祖瓦そばたかせ 川棚本館 瓦そば

こんな感じ。

抹茶を練りこんだ茶そばを、熱々に熱した瓦の上で焼いて食べます

元祖瓦そば たかせ 川棚本館 外観

今回お邪魔したお店は「元祖瓦そば たかせ」の川棚本館

ここでは最高級の宇治抹茶を練りこんだそばを使っています。

香り・甘味ともに日本一と言われている下関産ねぎと、味・色・艶・香りが豊かな山口県宇部の海苔を薬味に使われており、味は本物です。

これだけこだわり抜かれた瓦そばは、全国どこを探してもここだけでしょう。

元祖瓦そば たかせ 川棚本館 瓦そば 横から 量

横から見るとこんな感じ。

ほんとに瓦で焼いてるんですね。上からみると鉄板に見えてましたが、横から見ると屋根の上に乗っかってるいつもの姿です。

元祖瓦そばたかせ 川棚本館 瓦そば

写真のものは、三人前なのでみんなで一つのそばを少しずつ食べていく形です。

ジュージューと美味しそうな音を立てながら運ばれてくる姿は、それだけで食欲をそそります!

つゆは、カツオと昆布のシンプルで深みのあるダシ。

麺は、香ばしい茶そばの風味が引き立てられ、思わず頷く旨さ。下のほうの麺は瓦でカリカリに焼かれている。これがクセになりそう!

少し時間がたつと、瓦の上に乗っかっている茶そば時の表面がパリパリに。時間とともに少しずつ微妙に変わる触感に、自分なりの好みを見つけてみるのもありかも!

スポンサードリンク

実はどうしても、気になってもう一品注文してます。

ひらそのお寿司!

初めて見る魚だったので、調べてみると東京での呼び名は「ヒラマサ」らしい!

あれ?ヒラマサ…?逃げ恥の平匡(ひらまさ)さんと掛かってる!?

ネタ鮮度はかなりよくよく、コリコリした触感と脂のうま味が最高のハーモニー!

醤油も甘い気がする?やっぱり、東京のお醤油とは違うんですね!

ここは、「うなめし」も有名なのですが今回はお見送り!

また今度来るときは、是非食べたいなぁ!

角島大橋による際には、外せないスポット。もし「うなめし」を食べる機会があったらお話きかせてくださいね!

角島・角島大橋に関する記事はコチラ!

角島大橋は渡るべき本当の理由はここにある!沖縄のような白浜だけじゃない【角島編】

2017.08.07

【角島大橋】死ぬまでに行きたい絶景をninja400でひとっ走り!

2017.08.05

 

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です